冷え太り

冷たいもの≠冷えるもの

普段の生活の中で口にするものは
体の冷えに大きく影響します。
どんなに体を外から温めても、冷たいものばかり
口にして体内を冷たくしては意味がありません。

 

かと言って温かいものなら何でも良いということでもありません。

 

食品にはもともと身体を温める働きのあるものと、
逆に冷やす働きのあるものがあります。

 

この身体を冷やす働きのある食品を
アツアツの状態で食べたとしても関係ないんです。
素材そのものが身体を冷やすので、
食べる時の温度はどうでも良いんです。

 

 

身体を冷やす食品の代表的なものは
夏が旬の野菜、トマトやナスやキュウリなどです。

 

またワカメや昆布やノリなどの海藻類や、
大豆を原料とする製品は身体を冷やす働きがあります。

 

ただしこれらは健康には良いものなので
摂り過ぎないように注意すれば問題ないでしょう。
ちなみにこれらの食品を食べるとき生で食べず
火を入れるだけで冷えにくくなります

 

ですが合成甘味料や食品添加物、砂糖や
それらの多く含まれるお菓子やアイスクリームなどは違います。

 

お酒やジュースやインスタントコーヒー、
タバコも栄養が特にないので摂らなくても良く、
冷え性には悪影響があるだけです。

 

総じて言えるのが人工的に作られたものは冷えやすいので良くないということです。

 

身体を温める野菜は冷やす野菜とは逆に冬場が旬の野菜です。
根菜類のじゃがいも、さつまいも、人参、大根、
ゴボウ、山芋などは食べるだけで身体を温めてくれます。

 

また身体を温める食品として有名なしょうが、
ネギ、にんにくなども当然高い効果が見込めます。
冷えやすい食品は避け、これらの食品を上手に食べて冷え対策をしましょう。